単位制高校 学費

単位制高校の学費は通信制高校の資料で比較出来るのをご存知ですか?

 

 

単位制高校と通信制高校は同じで、
単位制高校というカテゴリの中に
通信高校や全日制高校があるという
イメージになります。

 

 

単位制高校では自分のペースで勉強して
単位を習得します。

 

高校3年間に必要な単位を取れば
卒業できます。

 

 

単位制高校でも家で学習する通信制高校と学校に週に3~4回通う
全日制高校がありますが、詳細は資料を見ると各学校を比較できます。

 

 

ズバット通信制高校の比較 わかりやすさ

 

各学校の資料を無料でお取り寄せする>

 

 

通信制高校の場合、主に家での自主学習が中心となりますが、
週に数回、学校へ行き勉強することもできるコースも単位制高校にはあります。

 

単位をとる自信がない方は通うことで卒業に必要な単位を習得できますし、
自分は自力で頑張るんだと決めている人はコツコツと勉強し単位を取れば
卒業できるようになるのでぜひ頑張って高卒資格を取得してください。

 

もちろん自分のペースで勉強をしていくであれば家にいながらの学習もできます。
パソコンやスマホなどを活用し学習していきますので受講する生徒も多いです。

 

インターネット環境が家にあればパソコンで学習できますし、
スマホであればどこでも学習ができますね。

 

例えば、家で勉強しているときにわからないことが出ても電話で質問すると
先生が丁寧に答えてくれるので単位制高校が不安なかたも安心して高校を卒業できますよ。

 

単位制高校は全国各地にありますのでお近くの学校に転入などすることができます

 

 

 各学校の比較できる資料は<無料>です

 

 

 

 

単位制高校の学費も学校によって変わります。
公立と私立でも学費が全く違います

 

また取得単位は同じでも、公立と私立では
生徒を迎え入れる学校の状況も違ってきます。

 

公立であれば授業料の無償化でありますが
かなり自分自身で勉強を行わないと
卒業は厳しいようです。

 

 

しかし私立高校の場合は授業料はかかる分、先生がきっちりと見守って
アドバイスしてくれたりするので、もしあなたが3年生になったときでも、
学校卒業してから後の進路相談や、単位制高校を卒業してからも
サポートもしてくれる学校もあります。

 

 

自分で自力でできる人であれば単位制の公立高校に転入するとよいと思います。

 

自分だけだと色々悩んでしまう場合であれば、ちゃんとサポートしてくれる
私立の単位制高校に入学及び転入すると卒業ができるようになります。

 

 

単位制高校のメリットやデメリットなども当サイトでご紹介していますし、
また全国の単位制高校のご紹介などもありますので一度みていただいて
じっくりと決めると良いでしょう。

 

とにかく高校を卒業することが一番ベストな道ですので単位を取って
高校を卒業することをおすすめします

 

高校を卒業したら専門学校に進んで専門職の仕事を目指す人も多いですね。
自分の人生をよりよいものにするために今やりましょう!

 

単位制高校について詳しく書いている資料をプレゼント

資料を取り寄せてみようか、どうしようか・・・と悩んでいる方へ。

 

無料で学校の授業内容や授業料の資料を取り寄せできるのはわかるけど、
悩んでなかなか行動に移せない方は、しばらく悩んでいてもいいと思いますし、
この機会に取り寄せてみてもいいと思います。

 

納得いく方法を選んでみてくださいね。(^^)

 

 

通信制高校(単位制高校)の資料にはたくさんの学校が掲載

 

学校選びはかなり重要度が高いのをご存知ですか?

 

入学した学校に通ったもののやっぱり想像していたのと違う・・・
ということで転校を繰り返す生徒さんがいますが、そうなるとなかなか高校卒業することができません。

 

学校にはそれぞれの特徴があり、実際どこが良いか希望に合った
選び方がポイントになります。

 

全日制高校に通っていたが諸事情により通信制高校に転入する・・・
となった場合、まずしたほうが良いのは通信制高校の比較です。

 

学費や授業内容、単位取得などそれぞれの学校の内容を確認し、
それから、消去法で自分が行きたくない学校を消していき
最終的に選んだ学校の詳細をしっかりと資料を見て決めることです。

 

まず、生徒さんのご親族ができることは、資料の取り寄せですね。
資料を取り寄せて、どの学校に行きたいか子供と一緒に選ぶことが
入学してからの継続に繋がります。

 

また学費などの無駄もなくなりますので、
ぜひ各学校の資料には目を通して比較するようにしましょう。

 

通信制高校を比較出来る資料は「ズバット通信制高校比較」が便利です。
たくさんの学校が掲載されていて、それぞれの資料には授業内容や
授業料など、より詳しく紹介されています。

 

まだ取り寄せたことがない方、無料でわかりやすいのでおススメです。

 

ズバット通信制高校の比較は無料で資料請求できます

ズバット通信制高校の比較 わかりやすさ

 

どんな学校があるのか、とりあえず先に見たい方はこちら>

 

 

単位制高校(通信制高校)とサポート校の違いとは

 

単位制高校である通信制高校とサポート校の違いですが、よくわからない方もいるかもしれません。
通信制高校が運営母体のサポート校もあるためより混同するでしょう。
また、どちらかあいまいな表現をしている所もありますが、2つは全く別の学校になります。

 

まず通信制高校というのは一般的な高校になります。
スクーリングに通い、レポートを書き、テストを受けるということすれば、高校卒業資格を得ることができます。

 

以前は、教科書で勉強して、それを基に課題をレポートにして郵送するという形でしたが今ではインターネットを利用したeラーニングを行っている所も多いです。
通信制高校のスクーリングは、面接指導のことになりその日は学校へいく必要があります。

 

そしてサポート校に関しては高校ではないため高校卒業資格を得ることはできません。
あくまでサポート校というところは通信制高校に通う生徒をサポートする所になり、勉強をサポートしたり、また精神的な支えになったりします。
つまり塾や予備校のような専門学校的な意味をもつスクールです。
また、サポート校は運営母体も異なります。

 

例えば、通信制高校は自治体による公立高校と学校法人による私立高校があります。
サポート校は学校法人による民営の所になり学費もそれぞれ違います。

 

通信制高校は公立なら1単位200円ですが、サポート校に関してはその授業料だけでなく、通信制高校の授業料もかかってくるため、必要な金額は高くなります。

 

ただサポート校のメリットとしては、目的のある生徒にとっては高額を出す価値が充分にあるスクールかもしれません。
というのもサポート校に通いながら、技能連携校で専門的な高度の技術を身につけるということも可能です。
何か専門分野の資格を取得したい、あるいはその勉強をしたい専門分野があるけれど、ふつうの学校には不安があるという生徒には、このことは大きくプラスになるでしょう。

 

そしてさらに違いですが、通信制高校は基本的に1人で勉強する形がほとんどです。
スクーリングの回数も各学校によって異なりますが、月2回ほどの学校が多く通学も少ないです。

 

逆にサポート校であれば授業料が若干高い分、個別に勉強をサポートしてくれます。
また精神的なサポートをしてくれるので、通信制高校に通いながらサポート校にも通う生徒もいます。
どちらが向いているかは無料の資料を取寄せてから判断するのがおススメです。

単位制高校の卒業単位はどれくらい必要?

高校を卒業するためには卒業要件という達成しなければならない条件があります。
それは3年以上の在籍と74単位以上の単位取得です。

 

これは、平成25年4月時点で974校にまで開設が進んでいる単位制高校でも同じです(高校によっては4年間でという場合もあります)。また、単位制高校である通信制高校では、この他に特別活動30単位時間という条件がある場合もあります。ここでは卒業単位の74単位について説明しましょう。

 

1単位とは50分授業を年に35回受講することです。1年間は55週間ですが、春夏冬の長期休みの他に祝祭日等の休日がありますので、週に1回の50分授業があればその科目は1単位ということになります。

 

3年間で74単位を取得するためには、1年間に25単位ですから週1回の授業科目だとすれば25科目の履修が必要となります。ところが、学習指導要領に定められた「標準単位数」というものがあり、例えば国語なら「国語総合」で4単位、数学なら「数学Ⅰ」で3単位、外国語なら「コミュニケーション英語基礎」で2単位、などです。

 

つまり、「国語総合」なら週に4回の授業があるということです。従って、複数単位の科目を組み合わせることで週25科目もの履修は不要ということです。

 

ではこの74単位の科目をどのように選択すればよいのでしょうか。具体的なカリキュラムは各学校によって決められていますので、しっかりと確認しなければなりません。その際に考慮するのは卒業後の進路や自分の得意不得意です。各高校でのガイダンスを積極的に活用しましょう。

 

また、単位を取得するためにはしっかりとその授業・スクーリングに出席しテストやレポートで一定以上の点数を取ることです。必要出席数と必要点数は、単位認定する各高校によるのですが、明確に公表されているものではありません。

 

よく言われている水準として、出席については3分の2以上、点数については40点以上、というものがあります。また通信制高校のスクーリングは全出席が求められます。これらについても各高校のガイダンスで慎重に確認しなければなりませんが、その前に資料を取寄せて各学校の特徴を知ることで学校選びで失敗しなくなります。

 

 

単位制高校(通信制)の留年は最大何年まで可能なの?

 

単位制高校及び通信制高校の留年というのは国の法律などで明確に決められていないようですが、各学校によって在籍できる在学年限は異なります。

 

基本的に全日制の高校では6年と決めている学校が多く、単位取得で高卒資格が取得できる定時制や通信制高校では最大8年と決めている学校もあります。

 

単位制高校の場合は、単位取得したら卒業できるため、中卒で仕事を始めたがやっぱり高卒資格はとっておきたいという方がムリなく高卒資格を取得するために単位制高校に長期間かけて単位取得をするケースも増えてきています。

 

義務教育ではないので自分自身で決めて通うことができますが、留年は最大8年ぐらいまでと思っておいた方がいいかもしれません。
もし次の目標(大学受験)などが決まったりするのであれば、少しでも早めに単位取得をして高卒資格をもらったほうがいいでしょう。

 

単位制高校から大学受験を目指す

 

中学生が受験する高校を選択する際に、単位制高校を選ぶ生徒も多いですね。
しかし、単位制に行くと大学受験はどうなるのだろうかと思い、進学を迷う生徒さんもいます。

 

また、すでに高校に通われていて、学校で学んでいるうちに専門のことや将来希望する職業に就くにあたって、さらに大学で学びたいと思うようになる場合があります。

 

上のいずれにしても、大学受験をする場合に単位制高校出身だからと言って大学入学が制度上不利になることは一切ありません。
むしろ人によっては自分の学習の速さを維持しながら無理なく大学を目指せます。

 

自分のリズムや方針を乱されたくない方は、単位制高校の卒業のために必要な単位をしっかり取っていくことをまずお勧めします。
その先に大学進学があると考えるとわかりやすいです。

 

単位制高校からどうしても大学入試センター試験などの勉強に自分はなじめないという方は、別の入学方式を選べる大学があります。
推薦制度や科目を絞った入試制度を設けている大学です。

 

同じ推薦でも学校が推薦状を出すのではなく、自己推薦といった方式の大学もあります。いずれにせよ自分の能力がもっとも発揮される選抜方式を選ぶといいです。また、複数機会で受験できる大学もあります。

 

大学は、いってみれば単位制高校と類似の単位制です。したがってすでに高校時代になじんでいる勉強方式の延長線上に大学の学習があると思っていいです。単位制高校ですでに自主的な勉強の習慣のできている人は、大学の単位制の学習方式にも問題なくなじめます。むしろすでにその点では先を行っているといえるかもしれません。

 

それからマイペースで高校の単位を通常の3年以上かかって単位制高校を卒業しそうな場合であっても構いません。
大学の入学がそれで不利になることはないですし、年齢制限などはありません。

 

大学も希望すれば休学や、同じ学年を複数年かかって通り過ぎても構いません。したがってマイペースで卒業資格が得られるのは単位制高校とよく似ています。何より学習の意欲があれば、大学はその門戸をいつでも開いています。おおいに進学のチャンスを生かすといいでしょう。

 

 

単位制高校へ編入する手続きや流れ

 

単位制高校に編入学を検討している場合には、きちんと流れを理解して手続きを進める必要があります。
なぜなら、既に持っている単位数や在籍していた期間などにより、これからどれくらいの期間で高校卒業ができるのかということに関わってくるからです。

 

編入は基本的に、転入学いわゆる転校とは異なり、一度前籍の学校を退学し、再度他の学校に入学をすることを指します。
よって、その期間がどれくらい空いているかは人によって異なりますし、その間に一度働いていたという経験のある人もいることでしょう。

 

期間が空いてしまったとしても、既に取得済みの単位であれば有効ですので、必ず以前に在籍していた高校に確認をし、さらには必要な書類を作成してもらう必要があります。具体的にどの書類が必要であるのかは、必ず編入学を検討している高校に確認をし、間違いのないようにした方が良いでしょう。
また、単位に関する書類は必要になりますので、早い段階でそろえてから、編入学先の学校に持って相談に行くのも良いです。

 

その情報が確かであれば、これからどれくらいの期間で、さらにはどれくらいの学費で卒業を目指せるのかを教えてもらえるはずです。
また、その際には入学試験についても確認をしておきましょう。

 

編入学の際にも試験はあります。
どのような内容なのかは、学校によって異なりますが、きちんと確認をして試験対策を怠らないようにしましょう。
単位制高校は人によって単位取得のペースが異なる場合が多いです。
なので、人伝に聞いた情報ではなく、きちんと自分で学校に足を運び、確認をしてから手続きを進めましょう。

 

その手続きが間違ってしまうと、これからの予定も崩れてしまいます。
また、既に単位をたくさん取れていたとしても、科目には必修科目といわれるものが存在します。
この必修科目は必ずクリアして習得しなければ、卒業には至りませんので、どの科目の単位を取得すべきか等、細かいこともしっかりとアドバイスをもらいながら進めましょう。

 

より詳しい手続きについては通信制高校の資料でご確認いただけます。
無料なので皆さま取り寄せされています。お気軽にどうぞ。

ズバット通信制高校の比較 わかりやすさ

 

どんな学校があるのか、とりあえず先に見たい方はこちら>